パーツ写真の撮影注意点
破損や現状確認のお写真のほか
パワーストーンの候補パーツの確認用写真などをお送りいただく場合は
以下の点に注意し撮影をお願いいたします。

【撮影時の注意点】

画像サイズの大きめで撮影

一般のカメラ、デジタルカメラなど、撮影ができる物ならなんでも大丈夫です。
携帯電話のカメラ撮影でもかまいませんが、以下の点に注意し撮影してください。

携帯のカメラで撮影する場合は、携帯の画面にちょうど良い壁紙サイズ(壁紙サイズ)
またはVGA(640×480)やSXGA(1280×960)に設定してください。

デジタルカメラの方へ
メールで送信いただく場合は、写真サイズが大きいと送信できないことがあります。
一番小さなサイズに設定してください。(VGA、1M、2Mなど)

撮影対象にピントを合わせる

携帯、またはデジカメに接写モードがあるかをご確認いただき
接写モードがあれば設定してください。

携帯の場合カメラモードにした時に出てくる『メニュー』や『機能』や『ガイド』などの項目の中に
設定画面があるか、携帯電話本体の側面などに
小さくチューリップのイラストのようなマークのスイッチがあるのが一般的です。

デジタルカメラも、チューリップマークが書かれているか
『マクロ撮影』『接写モード』などの設定があります。
これが対象が近くでもピントの合う接写モードです。

接写モードにしても、石を大きく撮ろうとして
カメラを近づけすぎると近過ぎるとピントが合わない場合があります。
5〜10cm離してみるなど画面上で『ピントが合っているか』を確認して撮影をするようにしてください。

接写モードがわからない場合は、ピントが合うように少し距離を離すなど
撮影距離を調節して撮影をお願いいたします。


明るい場所で撮る

可能なら、昼間の明るい時間、または白っぽい光の蛍光灯などがついてる部屋で撮影をしてください。
ライトが赤っぽい光ですと、石の色味が判別しづらくなります。

複数枚、撮影してください。

破損箇所の確認や、原石などを撮影する場合は、状態がわかりやすいように
一方向からだけでなく、表面と裏面、全体写真と部分的に大きく写した写真など
2枚〜数枚撮影をお願いいたします。


【送信時の注意点】

写真が複数ある場合は、ファイル名を石の名前に変更してください

たとえば、水晶の丸玉を撮影していただいた場合

元のファイル名 123456.jpg → 変更後 suisyou.jpg

となります。


同じ種類で別の石の写真がある場合や、ひとつの石で複数枚撮影した場合は
suisyou01.jpg、suisyou02.jpgとファイル名を数字で分けて、メール本文に
『お名前・石の種類(+写真と同じ数字)・大まかな形・サイズ』を記入し
ファイル名を変更した該当パーツのお写真を添付して送信をお願いいたします。

例)
山田花子
水晶01、丸玉、8mm
水晶02、丸玉、6mm
アメジスト01.02.03、タンブル 15mm

写真のメール添付ってどうやるの?

メールで写真が送れない方は、郵送で受け付けます。
写真を印刷した物が現像した写真をご送付くだれば
郵送でも写真を確認させていただきますので、メールでご一報くださいませ。
※頂いたお写真はご返却できませんので、あらかじめご了承くださいませ。


注意点は、以上です。
長くなりましたが、簡単に言うと
どんな石か確認しやすい写真を送ってください、ということです♪
お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。
お問合せ へ戻る  
<< ご依頼からお渡しまで | 新作受付から選ぶ?新しくオーダーする? >> | 
トップページへ戻る |